ラクロスのクロスワークやシュートを上達させるメニューと練習方法

ラクロスのクロスワーク、シュートを上達させるコツやメニューを動画を使って詳しく説明します。ショート、ロングそれぞれの効率のいい壁打ちメニューやクレードル、パスキャッチの上達法、ランシュー・スタンシューのフォームとコツ、グラボのすくい方を紹介。またゴーリーやフェイスオフの上達法やラクロスの実践的な練習メニューも紹介します

ラクロスのパスフェイクのやり方と騙すコツ

上手なパスフェイクは敵を翻弄し会場を沸かせ、ビハインドや股下ショットと同様にスーパープレイと称されます。

 

その中でもパスフェイクは成功しなくとも、失敗でのリスクがないため多くのラクロッサーが練習し、実践することが出来ます。

 

ラクロスにおいて必ず必要な能力ではありませんが、一度挑戦してみて損はないでしょう。

 

 

『上手なパスフェイクのやり方とコツ』

《パスフェイクのやり方➀》

パスフェイクには二つのやり方があります。

 

はじめに簡単で一般的な方のパスフェイクのやり方をご紹介します。

 

 

通常パスをする持ち手でクロスを持ちます。

パスをするようにプッシュアンドプルすると同時に上の手の手首を内側に巻きボールがポケットから出ないようにします。

敵からクロスが見えないようにうまい具合に隠します。

 

 

 

《パスフェイクのやり方➁》

こちらは少し難易度が高いですが人によってはこっちの方が敵を騙しやすいという人もいます。

 

通常パスをする持ち手でクロスを持ちます。

パスをするようにプッシュアンドプルをすると同時に、先ほどとは逆回転に。下の手でクロスを回転させるようにしてボールがポケットから出ないようにします。

先ほどと同様にクロスを敵からうまい具合に隠します。

 

 

《上手なパスフェイクのコツ》

パスフェイクのコツは以下の3点です。

 

・パスをする時と同じくらいのスピードでプッシュアンドプルを行うこと。

 

・パスを出した感を出すこと。

 

・動作を大きくすること。

 

 

バスを出した感を出すのは抽象的な表現になってしまい申し訳ありませんが、顔や雰囲気でうまく敵を騙すこの技術がフェイクにおいて最も大切なことです。

 

 

また上手く編まれた上ポケットは、フェイクでパスのフォロースルーまでいってもクロスがポケットに張り付いたままになるため、フェイクは基本的に上ポケットのクロスの方がやりやすく、騙しやすいです。

 

外人は基本的に上ポケットなのに対し、日本人は基本的に下ポケットのクロスを使う方が多いですが、どちらも長所と短所があるためフェイクにこだわりがある方は上ポケットにしてもいいかなと思います。

 

 

 

 

 

序盤にフェイクは必要な技術ではないと言いましたが、フェイクが上手いというのは十分に武器になりえます。

 

自分にあった武器を探してそれを極めていくのがラクロス上達への近道です。

 

早い段階で色んなことに挑戦して、試してみるのがいいと思いますよ。