ラクロスのクロスワークやシュートを上達させるメニューと練習方法

ラクロスのクロスワーク、シュートを上達させるコツやメニューを動画を使って詳しく説明します。ショート、ロングそれぞれの効率のいい壁打ちメニューやクレードル、パスキャッチの上達法、ランシュー・スタンシューのフォームとコツ、グラボのすくい方を紹介。またゴーリーやフェイスオフの上達法やラクロスの実践的な練習メニューも紹介します

ラクロスの壁当てにおける基本的な上達メニュー

ラクロスとは能力値オールBよりいくつかCがあっても、シュートは遅くても1.1やオフボールが優れている。といったような飛び抜けたSの能力値がある選手の方が評価されます。

 

日本の大学の1部リーグで出場している選手や社会人リーグのファルコンズスティーラーズといった化物のような選手も全てが全て能力値Sなわけではありません。

 

しかしその中で一つだけ必ず求められる能力があります。

 

それは''クロスワークが高いこと''です

 

 

早いスピード感のパス回しを求められるラクロスという競技において、クロスワークの能力値だけは他の能力がいくら高くても見過ごせません。

 

ラクロスが上手くなりたければまずクロスワークを磨きましょう。

 

 

『壁打ちメニューpart③』

 《サイド》

通常のパスをする時の持ち手でクロスを持ちます。

いつものクレードルの位置ではなく、体の横で敵からクロスを隠すようにクレードルをします。

縦ぶりのことは忘れてクロスを横に振ってパスを出します。

キャッチしたあとすぐまた敵からクロスを隠すようにクレードルをします。

これを続けます。

 

クロスを隠すというのは例えば右のサイドパスを練習する際には敵を自分の左側に想定し、敵とクロスの間に自分が入っているような状態を作るということです。

 

こうすることで敵と近くにいてもクロスを絡められずにパスを出すことが出来るようになります。

 

 

 

《アンダー》

通常のパスをする時と同じ持ち手でクロスを持ちます。

先ほどのサイドと同じ要領で斜め下でクレードルをします。

 ↓

パスをします。

キャッチ後敵からクロスを隠すようにまた斜め下でクレードルをします。

 

アンダーはサイドに比べ少し難易度が高いです。

 

ボールを素手でアンダースローする時のような滑らかにボールを下から上へ滑らしていくような感覚がつかめれば上達出来ると思います。

 

 

 

 

ラクロスの基本は縦振りと言いましたが、常に縦振りでは相手にパスカットもされやすいですし、クロスを絡められやすいです。

 

時と場合に応じてどこからでもボールを出せるようにしておきましょう。

 

特にサイドスローなんかはレベルが上がってくると必ず使いたい機会が出てきますので、マスターしておきましょう。

 

何事も準備が大事です。

 

適切な準備をして一歩一歩成長していきましょう。