ラクロスのクロスワークやシュートを上達させるメニューと練習方法

ラクロスのクロスワーク、シュートを上達させるコツやメニューを動画を使って詳しく説明します。ショート、ロングそれぞれの効率のいい壁打ちメニューやクレードル、パスキャッチの上達法、ランシュー・スタンシューのフォームとコツ、グラボのすくい方を紹介。またゴーリーやフェイスオフの上達法やラクロスの実践的な練習メニューも紹介します

ゴーリーアップをするべき理由とその際のポイント

ラクロスをする上でショットの決定力が大切だという話は前回させていただきました。

 

ラクロスにおいてショットの決定力とは主に

・ショットのスピード

・コース

・打つまでの早さ

・試合で打って決めきるメンタル

です。

 

これらのうち4つ目以外はひたすらショットを打ち続けることで練習することができます。

 

しかしショットというのはラクロスゴール一つとラクロスボールがある程度たくさんある時しか練習することが出来ません。

 

このため学校によっては好きなタイミングでショット練習というのが出来ないところもあるでしょうし、ショット練習は疲れるので日常的にやるには根気がいります。

 

そんなショット練習の機会をまわりよりグイッと増やす方法があります。

 

それはゴーリーアップをすることです。

 

 

ゴーリーアップとは練習前のゴーリーのセーブのフォーム確認とショットに目を慣らすために行うゴーリーのアップです。

 

当然このゴーリーアップはゴーリー一人でやるものではなく、大抵の場合は一人のシューターが専属で毎回手伝いをしてあげる。という流れになります。

 

本日はみなさんにそんなゴーリーアップの魅力を伝えるべく、

ゴーリーアップをすべき理由とポイント」

についてご紹介したいと思います。

 

 

 

ゴーリーアップをすべき理由》

ゴーリーアップはゴーリーの欲しいところに欲しいスピードで欲しいショットを打たなくてはなりません。

またこれらはゴーリーがいる日は毎日この行われます。

よってこれをすることにより、

・ショットの精度をあげる

・ショット練習の球数を増やす

・ショットのレパートリーを増やす

ことができます。

 

これらはラクロスにおいて誰もが欲しい能力で、あって損することは絶対にありません。

 

そんな能力を担当するだけで得ることができるゴーリーアップは、やはりできるなら必ずやるべきです。

 

 

 

ゴーリーアップをする際のポイント》

ゴーリーアップをする際に以下の点に気を使うことでより効率的にゴーリーアップをすることが出来ます。

 

・フィーダーを用意したり、自分でトスした球をキャッチしてからすぐ打つようにすること。

→とってからすぐ打つという能力を鍛えます。

 

・右だけでなく左右両方の様々な種類のショットをやること。

ゴーリーアップは球数を圧倒的にこなせるので欲張って全てのショットを練習しましょう。

 

ゴーリーと会話しながらゴーリーの取りづらいショットを練習すること。

→やはりショットのことはゴーリーに聞くのが一番です。

 

 

 

ゴーリーアップは大概ゴーリーが一年目のはじめの方に仲良かった人に頼んでやってもらい、それがその後も継続で続くというパターンが多いです。

 

まだゴーリーアップに付け入る隙があるならぜひゴーリーと仲良くなってゴーリーアップをやらせてもらいましょう。

 

正直よほど下手でなければゴーリー的には誰でもいいようなので、案外こちらからお願いしてみればいけるかもしれませんよ?