ラクロスのクロスワークやシュートを上達させるメニューと練習方法

ラクロスのクロスワーク、シュートを上達させるコツやメニューを動画を使って詳しく説明します。ショート、ロングそれぞれの効率のいい壁打ちメニューやクレードル、パスキャッチの上達法、ランシュー・スタンシューのフォームとコツ、グラボのすくい方を紹介。またゴーリーやフェイスオフの上達法やラクロスの実践的な練習メニューも紹介します

クロスワークを自宅で上達させる練習メニュー

壁打ちやパスキャッチで練習する、どんな時でも精度の高いパスを出せるクロスワークは大切です。

 

しかしラクロスをプレーしていく中で、クロスを自分の腕のように自由に扱えるようにするクロスワークがあることは、1on1が上手いことやシュートが速いこと同様に一つの武器になり得ます。

 

また単純にクロスワークを極めている人のプレーはしなやかでかっこいいです。

 

 

前者のクロスワークはある程度の広いスペースと時間、壁や仲間がいなければ練習することができませんが、後者のクロスワークは自宅でクロスとボールさえあればいつでも少しずつ上達させることができます。

 

本日は自宅での時間をも有効活用する

『自宅でクロスワークを上達させるメニュー』

をご紹介します。

 

➀バレルロール

《やり方》

クロスのエンドとスティックの一番上の部分を持ちます。

ボールを上にトスします。

ボールが宙にある間にボールのまわりをクロスで一周させます。

この時ボールは両腕の間を通しましょう。

その後ボールをキャッチします。

 

動画のように慣れて来たら2周、3周と増やしていってください。

 

 

《ポイント》

・ボールをまっすぐ上にトスする練習にもなっています。まずはしっかりとトスをすることを意識しましょう。

・ボールの動きが重力によって止まった瞬間で行ってください。

・膝を柔らかく使ってみるとやりやすいです。

 

 

 

➁リフティング

《やり方》

➀のはじめと同様の持ち方をします。

ボールを真上にトスします。

クロスを傾け、ポケットの左上の部分でボールをバウンドさせないように力を吸収て静止させます。

再び真上にボールをトスします。

クロスを横向きにしてヘッドの横の広い部分で先ほど同様に力を吸収してキャッチしボールを静止させます。

再び真上にトスします。

今度はボールをポケットの右上に同様に静止させます。

最後は先ほどとは逆サイドのヘッドの横の広い部分でボールを静止させます。

 

 

 

《ポイント》

・どんなに上手い人でもヘッドの横側の幅が狭いと難しいです。まずはやりやすいヘッドで練習して感覚を掴みましょう。

・慣れて来たら長くクロスを持ってやってみてください。

 

 

 

ほとんどの人が大学からラクロスを始めるという日本において、いかにクロスを長い時間触り続けるかというのはとても大切なことです。

 

テレビや雑誌のながら作業でもいいので自宅にいる間もクロスとボールを触り続けることでどんどん仲間との差をつけていきましょう。