ラクロスのクロスワークやシュートを上達させるメニューと練習方法

ラクロスのクロスワーク、シュートを上達させるコツやメニューを動画を使って詳しく説明します。ショート、ロングそれぞれの効率のいい壁打ちメニューやクレードル、パスキャッチの上達法、ランシュー・スタンシューのフォームとコツ、グラボのすくい方を紹介。またゴーリーやフェイスオフの上達法やラクロスの実践的な練習メニューも紹介します

ラクロス初心者のやるべき基本的な壁打ちメニュー

ラクロスは自主練のスポーツとよく呼ばれます。

その所以はラクロスにおける壁打ちの重要性にあるでしょう。

これはラクロス上達においてクロスワークが必要不可欠であり、ある程度のクロスワークがある前提でないと他の能力がどんなに高くても試合で活躍することはできないラクロスの競技性にあります。

このためラクロッサーは毎日ラクロスに時間を割いて様々な工夫がきいた壁当てメニューをこなし、クロスワークを磨きます。


ラクロスにおける壁打ちメニューの工夫の仕方は何通りもできるので、これといった決まりがるわけではありませんが、本日はそんな中から私が最もはじめにできるようになっておくべき

『壁打ち基本メニュー』

をご紹介したいと思います。

 

《➀ワンクレその1》

パス→短く持って引きキャッチ→ワン縦クレードル→パス

キャッチ→ワンクレ→パス最もラクロスで使う動きです。
完璧にマスターしましょう。

 

 

《➁ワンクレその2》

パス→パスの長さのまま引きキャッチ→ワン縦クレードル→パス

➀同様最もラクロスで使うクロスワークです。

 

 

《➂クイック》

パス→パスの長さのまま引きキャッチ→キャッチした瞬間にパス

主にクリースでのキャッチからのゴーリー1.1シュートで使います。
atは一試合に一回はこういう場面がくるのでしっかり練習しておきましょう。

 

 

《➃横クレードルパス》

クレードル→パス→キャッチ→横クレードル

クレードルからノークレでのパスです。
ラクロスは常に縦クレをしている暇があるわけではないので、これの精度を高めておくこので一気にプレーが楽になります。

 

 

《➄逆ボックスキャッチ》

キャッチが逆ボックスになるようにパス→巻きキャッチ→パス

巻きキャッチ後は巻きキャッチ自体がクレードルのような役目をするのでクレードルはする必要はないと思います。
これも悪送球からのパスということでよく使うクロスワークなので練習しておきましょう。


以上が私が思うラクロスの基本的な壁打ちメニューです。


またラクロスは足が止まった状態でパスを投げることは少ないので、慣れてきたら足を動かしながらメニューをこなしていきましょう。

個人的にはフォームも大事ですが壁打ちはいかにキャッチからパスまでを早くするかを意識することでクロスワークを効率よくあげることができるのではと思っています。

まあやり方や意識は人それぞれですので、色々考えて意識を変えていきながらやってみていただけたらいいかと思います。

考えながらやることが大切です。