ラクロスのクロスワークやシュートを上達させるメニューと練習方法

ラクロスのクロスワーク、シュートを上達させるコツやメニューを動画を使って詳しく説明します。ショート、ロングそれぞれの効率のいい壁打ちメニューやクレードル、パスキャッチの上達法、ランシュー・スタンシューのフォームとコツ、グラボのすくい方を紹介。またゴーリーやフェイスオフの上達法やラクロスの実践的な練習メニューも紹介します

ラクロスの基本的なクレードルのやり方とコツ

ラクロスはボールの遠心力を使う特殊な競技です。

 

そしてこの遠心力を利用したラクロス特有のスキルがクレードルです。

 

簡単に説明すると、クレードルとはクロスを回転させた遠心力を用いてボールをポケットの中に安定させる技術です。

 

このクレードルを用いて我々はボールを持った状態で走ったり、パスやシュートを打つ前にボールを一定の位置に安定させます。

 

クレードルなしでラクロスをすることはできません。

 

 

そんな様々な場面で使われるクレードルですから、もちろんクレードルは一種類ではなく多種多様です。

 

 

本日はその中から最も使う場面の多いものをピックアップして、

『横クレードルと片手クレードルのやり方』

をご紹介します。

 

 

《横クレードルのやり方》

スティックの一番下を左手で、スティックの一番上を右手で掴みます。

これを掴んだまま左手を股間のあたり置きます。

右の手首と肘の曲げ伸ばしを利用してクロスを回転させます。

 

右の横クレードルの完成です。

左の横クレードルも手を逆にして同様に行います。

 

 

《ポイント》

・手の位置が最も重要です。少しクロスを長く持ったりせず、しっかりと一番下と一番上を持ってください。 

・クロスはあまり強く握らず、力を抜いて行ってください。

・細かいことになりますが、肘を伸ばした際に指も伸ばして力を抜き、そこからクロスを回転させる際に指から巻き上げるようにするとなお良いです。

 

 

始めはクロスを強く握りしめてしまったり、力を入れすぎてしまったりしてうまくいかないという方も多くいます。

 

よく言われますが、クレードルは手首のスナップが大事です。

個人的にはヨーヨーをやるような感覚でスナップさせるとうまくいく感覚があるのでぜひ試してみてください。

 

 

 

 

 

《片手クレードルのやり方》

先ほどの横クレードルの状態から下の手を離します。

クロスを体の横に持っていき縦にします。

先ほど離した片方の腕を動画の0:48のように曲げ、肩を入れます。

手首を動かすことによってクロスを回転させます。

 

片手クレードルの完成です。

 

 

《ポイント》

・片手になるので先ほどの横クレードルより強くクロスを握りましょう。

・こちらも手首のスナップが大事です。

・クロスを掴んでいない方の手は敵にクロスを叩かれないようにするためのガードです。これが高すぎると下からクロスを入れられてしまうので、しっかりと動画のように下も守りましょう。

 

 

この二つのクレードルは主に走ったり敵からボールをキープしたらする時に使うクレードルです。

 

ラクロスでは敵は前後左右様々な位置からクロスを狙ってきますので、敵とクロスの間に自分入れるイメージで前後左右様々なところでクレードルをできるようにしておきましょう。

 

地道な練習も実践を意識してやることが大切です。