ラクロスのクロスワークやシュートを上達させるメニューと練習方法

ラクロスのクロスワーク、シュートを上達させるコツやメニューを動画を使って詳しく説明します。ショート、ロングそれぞれの効率のいい壁打ちメニューやクレードル、パスキャッチの上達法、ランシュー・スタンシューのフォームとコツ、グラボのすくい方を紹介。またゴーリーやフェイスオフの上達法やラクロスの実践的な練習メニューも紹介します

おすすめの壁打ちメニュー

ラクロスのロングにおける壁打ちの基本的な意識

ラクロスはポジションによって使うクロスの種類が変わってきます。 その中でDFを専門とするボトムとロングミッドフィルダーはロングクロスというとても長いクロスを扱います。 これは敵にチェックを入れたりグラボをすくったりする時は長くて便利ですが、シ…

ラクロスの壁当てにおける基本的な上達メニュー

ラクロスとは能力値オールBよりいくつかCがあっても、シュートは遅くても1.1やオフボールが優れている。といったような飛び抜けたSの能力値がある選手の方が評価されます。 日本の大学の1部リーグで出場している選手や社会人リーグのファルコンズやスティー…

少し難しいラクロスの壁打ちメニュー応用編

壁打ちは週1.2回がっつり3時間やる、というより15分でもいいので毎日続けることが大切です。 その方が集中して濃い時間を過ごせます。 ラクロスは単純作業にしてはいけません。 常に考えながらやり続けましょう。 考え続けてラクロスをやる工夫として壁打ち…

ラクロス初心者のやるべき基本的な壁打ちメニュー

ラクロスは自主練のスポーツとよく呼ばれます。 その所以はラクロスにおける壁打ちの重要性にあるでしょう。 これはラクロス上達においてクロスワークが必要不可欠であり、ある程度のクロスワークがある前提でないと他の能力がどんなに高くても試合で活躍す…